マツダ バッテリー状態初期設定(PE-VPS) i-stop リセット 初期化 学習方法

マツダ バッテリー状態初期設定(PE-VPS) i-stop リセット 初期化 学習方法

スポンサードリンク
バッテリー交換後のトラブルを未然に防ぐ便利工具

メモリーバックアップ電源
バッテリー状態初期設定(PE-VPS) i-stop リセット 初期化 学習方法

バッテリーマイナス端子切り離し前の手順
(注意事項)
PCM部品番号(サフィックス)は、M-MDSを使用して確認する。
  • 初期学習の手順はPCM部品番号(サフィックス)で異なる。PCMに張り付けられているラベルではソフトウエアの更新情報が判らないため、異なった手順の実施により初期学習が完了しない恐れがある

ボンネットを開けた状態でエンジンをかけると,ボンネットを閉めてエンジンを再始動させるまでi-stopが作動しない。(システムの不具合ではない)ボンネットを開けた状態エンジンをかける場合は、一度エンジンスイッチをOFFした後、ボンネットを閉めエンジンを再始動させること。

データモニター項目  BATT_SOC  の値を確認し記録する。
  • バッテリー状態初期設定(i-stop)としてバッテリーマイナス端子切り離し前の  BATT_SOC の値が必要になるためバッテリーマイナス端子切り離し前に BATT_SOC の値を必ず記録しておくこと。
  • バッテリーマイナス切り離し前に BATT_SOC を確認していない場合、バッテリー点検を実施してからバッテリー初期状態設定(i-stop)を実施すること。

バッテリーマイナス端子切り離しの作業要領
@ M-MDS(マツダ純正診断機)をダイアグノシス2に接続する。
A エンジンンスイッチをONにする。
B M-MDSのデーターロガー機能を使用して BATT_SOC  のモニタ値を確認する。
C BATT_SOC のモニタ値を確認する。
  • BATT_SOC のモニタ値が75%未満の場合 バッテリー点検を行う
  • BATT_SOC のモニタ値が75%以上の場合 次に進む
モニターの確認
M-MDS(IDS:ノートPC)をダイアグノシスコネクタ2に接続 車両識別後、IDSの初期画面から以下を選択する
@セルフテスト Aモジュール BPCM Cデーターモニター一覧から必要な項目を選択あする D画面の指示に従い値を確認する

D エンジンスイッチをOFFにする。
バッテリーマイナス端子がバッテリーに接続された状態で電流センサーのナットを緩めるとバッテリーマイナス端子に過大トルクがかかりバッテリーターミナルが損傷する。バッテリーマイナス端子、電流センサー取外しの際は、バッテリーターミナルを損傷させないように丁寧に作業する
バッテリーマイナスケーブルを切り離す前に電流センサーのコネクタを切り離すこと。バッテリーマイナスを先に切り離した場合、PCMが電流センサーからの誤認識し、バッテリー状態を誤学習するおそれがある。

E 電流センサーコネクタを切り離す。
F バッテリーマイナス端子を切り離す
塑性変形したバッテリーマイナスを切り離す際は、マイナスドライバーでバッテリーマイナス端子の隙を拡大して取り外す。
バッテリーマイナスケーブルのナットは脱落防止の為 取り外さない。

バッテリーマイナス接続時および接続後の注意
電流センサーのコネクタを接続する前にバッテリーマイナスケーブルを接続する事、電流センサーを先に接続した場合、PCMが電流センサーからの信号を誤認識し、バッテリー状態を誤学習するおそれがある。
電流センサーをもってバッテリーマイナスケーブル端子の締め付け確認を行うと、ケーブル端子に過度の力が加わることで端子が緩み、始動不良が発生するおそれがあるため、電流センサーを持たず、端子部のみをもって行うこと。
バッテリーマイナス端子を接続した直後は、バッテリーの充電状態が安定していないために BATT_SOC の値は 0%と表示される バッテリー充電状態に安定まで約6〜48時間の放置が必要

i-stopしない場合の注意
i-stop しない状況で車両が入庫した場合、バッテリー状態初期設定(i-stop)をしただけでは不具合は解決しない。 BATT_SOC  の値が75%未満であれば、バッテリーの点検を行うこと。

初期化設定の作業要領
[PCM及びバッテリー状態の事前確認]
@ バッテリーマイナス端子切り離し前に測定した数値 BATT_SOC  を確認する
  • BATT_SOCの値が75%以上の場合 次のステップへ進む
  • BATT_SOCの確認忘れ、またはBATT_SOCの値が75%未満の場合 バッテリー点検を行う
A バッテリーマイナス端子を切り離した状態で、5分間以上経過していることを確認する。
バッテリー仕様状態によっては電圧が安定しておらず、PCMがBATT_SOCを正しく判断できなくなるため、5分以上の放置が必要。
B 電流センサーコネクタを切り離す。既に、電流センサーのコネクタが切り離されている場合は次に進む。

[バッテリー状態の確認完了確認]
@ バッテリーマイナス端子を接続し10秒以上待つ。
電流センサーコネクタを接続する前にバッテリーマイナス端子を接続すること。電流センサーのコネクタを先に接続した場合PCMが電流センサーからの信号を誤認識、バッテリー状態を誤学習するおそれがある。
A 電流センサーのコネクタを接続する。
B エンジンスイッチをON(エンジン停止)にし15秒以上(1分以内)待つ。
C i-stop表示灯(緑)、i-stop(橙)の点滅状態確認:i-stop OFFスイッチを押し続け、i-stop表示灯(緑)またはi-stop警告灯(橙)が点滅状態になるのを確認する(約10秒間)
  • i-stop 表示灯(緑)が点滅する場合 次にステップに進む
  • i-stop 表示灯(橙)が点滅する場合 バッテリー点検を行う
  • i-stop 表示灯(橙)が点灯する場合 手中に不備があるため [PCM及びバッテリー状態の事前確認]から行う
i-stopOFFスイッチを押すとi-stop警告灯(橙)の点灯状態からi-stop表示灯(緑)またはi-stop表示灯(橙)の点滅に変わる。
D エンジンスイッチOFFにする。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
[ISC学習]
@ ボンネットを閉じてエンジンを始動する。
A 電気無負荷無でエンジンを完全暖気する。
エンジンの暖気が完了しないとISC学習が終わらない。低水温表示(青)が消えても暖気は完了していない。目安としてラジエーターホースに圧力がかかり、ラジエーターが熱くなっていれば暖気完了。

[ステアリング舵角センサー初期設定]
@ ボンネットを閉めてエンジンを始動する。
A ステアリングホイールをロックトゥロックする。
B エンジンスイッチをOFFにする。
バッテリーマイナス端子を切り離すことでEPSコントロールモジュール内の初期値がリセットされる。


[設定確認]
@ 以下の手順を25秒以内で実施する。
  • エンジンスイッチをON(エンジン停止)にし、5秒以内にi-stop OFFスイッチを3秒間以上長押しする。(i-stop警告灯(橙)が点灯する)
  • エンジンを始動する
  • i-stop OFFスイッチ1回長押しする・
  • i-stop 警告灯(橙)の点灯からi-stop表示(緑)の点滅に切り替わる事を確認する
橙点灯が続く場合、手順に不備が有るため再度[PCM及びバッテリー状態の事前確認]
から行う。
エンジン始動直後 i-stop表示灯(緑)が点滅する場合があるが数回点滅後にi-stop警告灯(橙)の点灯に切り替わる。
A i-stop表示灯(緑)が消灯するまでアイドル状態(電気負荷無)で待つ。
B  i-stop表示灯(緑)が消灯後、エンジンスイッチをOFFにする。


[i-stop制御作動確認]
@ エンジンを始動し、i-stop表示灯(緑)が消灯していることを確認する。
A 以下の手順で、i-stop制御の作動確認を行う。
  • 車速4km/h以上で走行し,i-stop表示灯(緑)が点灯うすることを確認する
  • 車両を停止させ i-stop制御によるエンジン停止、および再始動が行われるか確認する。
B エンジンスイッチをOFFにする。